2006年03月16日

蟹甲湾

神戸から海を越えて香川に嫁いできた私。神戸の地形は海が南、山が北で
東が都会(三ノ宮、大阪方面)で西が田舎(姫路方面)
(↑ あくまでも私の主観です〜(^^;;)

こっちに来ると私の感覚から言うと全てが正反対で
長年染み付いた感覚はなかなか修正することが出来ず
最初の頃はかなり戸惑いました〜。

地図で見ると海は北(瀬戸内海)、山は南にあり
街(高松方面)は西で、東は田舎。(あくまでも私の感覚、ですので〜(^^;;)

ところがさらに私を混乱させたのが・・・
津田の海は 蟹甲湾(かいこうわん)と呼ばれ
その名の通り蟹の甲羅の形をしている。
そして、私の済んでいる場所はその甲羅の左横の辺り・・・
ということは海は北じゃなくてなのです。
もう最初はホントワケがわからなくなりました〜。

嫁いできてすぐに自動車の免許を取って
たいていの行きたい場所には行けるようになったけど
(とかなんとか言いながらカーナビに頼ることもしばしば・・・(^^ゞ)
やっぱり生来の方向音痴はいろんなところで
発揮(?)されていますが。(苦笑)

私の済んでいる場所は蟹の甲羅の左寄りの辺り。
ここの浜辺で拾える貝殻と、真ん中辺り、右横辺りで拾える貝殻とは
種類が違うのが面白いです。
真ん中辺りは人工的に作った海岸なので
すごく小さいけれどサンゴが見つかります。砂の色も他と比べて白いし。
そして
蟹の甲羅の右側には イルカ がいます。
津田の海の浜辺で
しゃがみこんで一生懸命貝殻やシーグラスを拾っている人がいたら・・・



それは私かも。(笑)
【関連する記事】
posted by noriko at 11:30| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 津田町紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14894841

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。